セロトニンを取り入れた生活による入眠障害の克服

セロトニンを取り入れた生活による入眠障害の克服

私は、家電量販店のスタッフをしています。職業上、お客様からクレームを受ける事も多く、ストレスを感じながら生活していました。

 

また、夜布団に入ってもなかなか寝付けない、不安になるという生活を1年以上繰り返していました。

 

ある時、会社の健康診断の問診で、不安感、入眠障害の事を相談すると、医師からセロトニンを取る生活すると、睡眠の質が改善され、不安感や焦燥感も抑えられる効果があるというアドバイスをもらいました。

 

セロトニンは、神経伝達物質で、精神の安定、意欲の向上に効果があります。また、体内に蓄積されたセロトニンは、メラニンに変化します。

 

メラニンは、睡眠の質を良くする効果、眠りを深くする効果があります。セロトニン不足を解消するため、私が取組んだのは、運動する習慣をつける、セロトニンを多く含む食事を摂るといった食生活の改善です。運動面では、毎朝3kmのジョギングを行うようにしました。

 

朝、ジョギングをする事によって、太陽の光も一杯浴びる事ができ、更にセロトニン生成には効果的です。また、食生活の改善では、毎朝ヨーグルトにバナナを混ぜた食事を摂るようにしました。

 

ヨーグルト、バナナは、セロトニンを増やす効果がある食品です。この2つの生活習慣の改善を3カ月続けた結果、入眠障害は解消されました。

 

布団に入って、30分以内には、心地良く寝付く事ができるようになりました。また、不安感、焦燥感も以前に比べて感じる事がなく、仕事も前向きに取組んでいます。